アルツハイマーを予防して快適生活|忘れっぽい症状を治すコツ

脳の障害とトレーニング

おばあちゃん

症状

物忘れが激しい、今まで出来ていた料理の仕方がわからなくなった、自分の家までの道のりを忘れてしまった、といった現象が起きている場合、それは「アルツハイマー」と呼ばれる、脳の病気の一種かもしれません。アルツハイマーは、特殊なタンパク質によって脳が破壊され、脳内の神経を伝達する機能が低下することによって引き起こされる病気です。上記のような症状の他、被害妄想や、同じことを何度も繰り返して発言したり、などといった症状も多くみられ、日常生活に影響を及ぼしてしまう危険性があります。自分や周りの人に、少しでもそのような不自然な言動や行動が見られた場合、早めに病院へ行って検査を受け、早期治療を開始することが大切です。

脳トレの重要性

アルツハイマーは、治療が困難な病気であるため、「脳トレ」を行い、事前に予防をしておくことが重要です。脳トレとは、ものを考え、判断するという動作を繰り返すことで、脳の細胞を活性化させるトレーニングのことです。脳トレの一つとして人気なのが、ジグソーパズルです。形を見て、考え、はめていく、という行動を繰り返すことで、脳が常に刺激を受けている状態になり、思考力が鍛えられます。また、麻雀やオセロといったゲームも効果的です。誰かと一緒に行うゲームは、判断力や思考力だけでなく、コミュニケーション能力も鍛えられ、脳へ良い刺激が与えられます。自分の好きな趣味や遊びを脳トレの一つとして積極的に行うことで、アルツハイマーの予防につながります。