アルツハイマーを予防して快適生活|忘れっぽい症状を治すコツ

脳の障害とトレーニング

おばあちゃん

アルツハイマーは、脳の伝達機能が低下することによって起こる病気です。一度発症してしまうと治療が困難な病気であるため、ジグソーパズルや麻雀、オセロといったゲームによる「脳トレ」を行い、事前に予防をしておくことが大切です。

詳細へ

女性ホルモンを促す

医薬品

更年期障害は若いうちからプラセンタや大豆イソフラボンのサプリを取り入れることで、症状が抑えられる。ほてりや動悸、精神からくるイライラを抑えて、快適に過ごすことができる。おしゃれを楽しみ、女性らしさを忘れないことも大切である。

詳細へ

エストロゲンを補充する

サプリ

更年期にエストロゲンが低下し女性ホルモンが乱れることで起こるのが更年期障害です。軽い更年期障害はサプリメントを飲むと緩和できます。大豆イソフラボン、ローヤルゼリーなどのサプリを摂取すれば不足したエストロゲンを補充できます。

詳細へ

積極的に摂りたいDHA

夫妻

DHAが持つ予防効果

老人性認知症患者数が増加しています。交通事故や列車事故に遭う方が多いほか、行方不明となる方もいらっしゃいます。老人性認知症患者数の増加は社会問題化しており、1人1人が予防に努める必要があります。予防に努めるためには、青魚に多く含まれているDHAを積極的に摂ることが重要です。老人性認知症は、アルツハイマー型と脳血管性認知症型の2つがあります。アルツハイマー型は、まだはっきりとは発症原因が分かっていません。現在分かっているのは、アルツハイマー型の患者の海馬の細胞が萎縮することと、海馬付近のDHA含有率が下がることです。アルツハイマー型を予防するためには、DHAを摂ることが最も有効だと考えられています。

脳血管性認知症型にも有効

脳血管性認知症型の発症原因は、症状名の通り脳の血管の病気にあります。脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血などにより脳血管性認知症型を発症するため、脳の血管を健康に保つ必要があります。DHAは血栓を予防できる効果があり、健康な血管を維持することができます。また、生活習慣病の予防効果があるため、脳卒中や脳梗塞の発症リスクを下げることが可能です。アルツハイマー型にも脳血管性認知症型にも有効なDHAは、現代の日本人に不足している成分の1つです。魚介類の摂取量が減少しており、ほとんどの日本人が推奨摂取量を満たしていません。魚介類を多く摂る食生活にするほか、サプリメントで補う必要があります。老人性認知症は、急に発症するわけではありません。日頃からの予防の有無が、数年後に大きな違いを生み出します。